こんなものもある!審美歯科の進化について

目立たない矯正ができる

審美歯科では矯正歯科というものもあって、これは歯並びを治すことができるのです。この強制はワイヤーを取り付けて治すというものなので、見た目から矯正していることがわかりました。しかし、近年の矯正はマウスピースを使った矯正をする事ができるようになったのです。これは透明のマウスピースを装着して快適に治すという内容になりますよ。これは他人から見ても違和感を感じることないので、ストレスなく歯並びを治すことができるのです。

セラミックの被せ物をすることも可能

虫歯になってしまった場合、この部分を削って虫歯を治します。このときに被せ物をしないといけないのですが、これは今まで金属の詰め物をして補修していました。しかし、これは金属アレルギーのある人は利用できなかったのです。そんな時に登場したのがセラミックの被せ物で、これは陶器でできたものになりますよ。金属アレルギーを気にすることなく使うことができ、更に見た目も本物の歯とほとんど同じなので違和感のない歯を手に入れる事ができるようになったのです。

ラミネートベニアで簡単に歯を白くできる

ラミネートベニアというものは、歯の表面を少しだけ削ってセラミックのシェルを付けるという施術になりますよ。これは簡単に真っ白で綺麗な歯を手に入れることができるうえに、神経などを削ることもないので安全性も高いのです。特殊な接着剤を使って貼り付けることになるので、剥がれるということもありませんよ。このラミネートベニアは、ホワイトニングで落とすことができないような汚れを修正するときに利用する事ができるのです。

セレックは歯の治療に用いられる修復物を専用の機器を使うことで、短時間で高品質なものを作製が出来ます。